動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について

パソコン初心者から動画クリエイターに!ネット動画専門の動画制作スクール「Megras」(メグラス)卒業生インタビュー Vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコン初心者から動画クリエイターに!ネット動画専門の動画制作スクール「Megras」(メグラス)卒業生インタビュー Vol.1

ネット動画専門のクリエイター・マーケターを育成する「Megras」(メグラス)を卒業して、異業種から動画クリエイターへ転身した蝦名かやさん。

未経験から動画編集のスキルを学んで大変だったこと、現場に入って大変だったことなど、ぐいぐい聞いてみました。

 

将来、動画クリエイターを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください!




ネット動画専門の映像塾「Megras」(メグラス)とは?



YouTubeチャンネル運営専門の動画制作会社『Suneight』が開設した、ネット動画専門のクリエイター・マーケター養成スクールです。


全くの未経験からでも、現場で使える動画制作スキルと動画マーケティングノウハウを現役のプロから学ぶことができます。



異業種から動画クリエイターになって感じたこと



編集部:今日はよろしくお願いします!


蝦名さん:よろしくお願いします!


編集部:早速ですが、動画クリエイターになる前はどんなお仕事をされていたのですか?


蝦名さん:もともと、飲食や福祉などサービス業のお仕事をしていました。

お客様とのコミュニケーションを取ることは得意だったのですが、パソコンなどほとんど触ってこなかったので、時代にあったスキルを身につけたいなと感じていました。



編集部:異業種からクリエイターの世界だと難易度が高いのかな?と思ったのですが、実際に入ってみてどうですか?

 

蝦名さん:確かに、パソコン初心者なのに独学で動画編集を勉強していたら、時間がかかってしまっていたし、途中で離脱してしまったかもしれません。

スクールに入って、動画制作の基礎を固められたので、クリエイターの「現場」にチャレンジする勇気を持つことができました。



数ある動画制作スクールからなぜ「Megras」を選んだの?



編集部:最近、動画制作を学べるスクールって増えてきていますが、なぜ「Megras」を選んだのか教えていただけますか?



蝦名さん:他のスクールとも比較していたのですが、YouTubeに特化した動画編集スキルととマーケティングのノウハウを学べるという点と、学習し始めてから卒業後のサポートまでしてくれそうだなと感じて「Megras」を選びました。



編集部:なぜあえてYouTubeに特化して学ぼうと思ったのですか?


蝦名さん:YouTubeは普段からよく利用しているのですが、いろんな動画を視聴していく中で、視聴者を飽きさせない動画の作り方が気になったり、再生数が多い動画と少ない動画の差はなんだろうとか、何か仕組みがあるんじゃないかと気づき出して、YouTubeのことを深く学びたいなと思ったことがきっかけです。



「Megras」に通学してみて



編集部:「Megras」で動画制作のこと、YouTubeマーケティングのことを学んでみてどうでしたか?


蝦名さん:先述の通り、今までほとんどパソコンを触らないお仕事をしてきたので、正直、学習が始まるまで不安でした。
いざやってみると初心者でもわかりやすく、動画編集ってこういうことをするんだよ、YouTubeってこういう考え方をするんだよとわかりやすく教えてくださったので、学んだことを自分の中に落とし込むまで時間はかかりませんでした。
また、すでにクリエイターとしてお仕事をされている先輩方が直接教えてくださるので、現場で使うリアルなスキルや考え方を学ぶことができました。



編集部:「Megras」の学習は主に動画で進めていくかと思うのですが、実際に受けてみてどうでしたか?



蝦名さん:教材の内容がわかりやすくて、進め方もちょうど良いスピードでした。
ただ、作業していく中でエラーが出てしまったり、動画の内容でわからないことがあったときは、随時先生に質問していました。オンライン教材でも、先生が近くにいてくださって、一緒に問題解決してくれるので、安心して勉強を進めることができました。



編集部:わからないことをすぐ聞ける環境というのは、初学者にとっては心強いですよね!学習を通して、ご自身でも工夫したことはありますか?



蝦名さん:動画編集のツールはAdobeを使うのですが、通学時間で使い方を復習したり、動画編集でよく出てくる専門用語を調べて覚えたりしていました。それでも理解しにくいことがあれば、先生に聞いて理解度を高めていました。



編集部:学んだことを通学時間に復習していたのですね!スクールにいるうちにもう少し勉強しておけばよかったと思うことはありますか?



蝦名さん:動画の演者の明るさを整える方法について、自分でもきちんと勉強しておけばよかったと思いました。
これは、現場に入った今だから思うことなのですが、よく使う編集方法なので、なんでちゃんとやってなかった!と後悔しましたね笑



実際に動画クリエイターになって



編集部:現場に出てから、気付くことってたくさんありますよね。「Megras」を卒業してから、動画クリエイターの現場に出ていらっしゃいますが、どんなお仕事をしていますか?



蝦名さん:今は、クライアント様のYouTubeチャンネルの動画制作をしています。動画1本をひとりで、動画編集からサムネイルの作成、VSEO(検索流入)対策を含めた概要欄を作成して納品しています。



編集部:動画を編集するだけでなく、動画を視聴者から見つてもらいやすくする施策も考えて実践するんですね!マーケティングの知識がマストになりますね。



蝦名さん:そうですね、チャンネルの規模が小さいと、検索からの視聴者がほとんどなので、動画を見つけてもらいやすくするためにVSEO(検索流入)の知識も必要だと思いました。さらにサムネイルはクリック率につながるので相当重要です。ただ動画編集について学んでいただけでは、この重要性に気づきませんでした。



動画クリエイターとして大切だと思う3つのスキル



編集部:先ほど動画編集だけでなく、動画を視聴者に届けるためのマーケティングスキルも大事だと感じたとのことですが、クリエイターとして大切なスキルって何がありますか?


蝦名さん:クリエイターとして大切なスキルは3つあると思います。


ひとつめは、バラエティ力です。視聴者を飽きさせず長くみてもらえる動画を作るために、エフェクトを使ったり、イラストを使ったり動画なの中でどれだけ工夫できるかは大切だと思います。プライベートでもYouTubeをみておもしろい編集をしている動画はメモで残して、後日実践してみたりしています。



ふたつめは、日本語力です。動画で日本語力?と思われるかもしれませんが、お仕事していくうえでかなり大切だと思いました。

動画の中で演者さんが喋っていることを、まるまるテロップにしても、視聴者に伝わらないので、わかりやすくまとめたり、知らない知識もきちんと理解して自分の中に落とし込んでから文字に起こすようにしています。例えば業界の専門用語を理解しないままテロップで使ってしまうと、動画の前半後半で話が繋がらなくなってしまったり、誤字脱字をしてしまいます。日本語をきちんと理解してから使うことはとても大切なことですね。



編集部:なるほど、確かにテロップで動画の情報を補足してあげるとなると、編集者が言葉を理解していないと、上手に補足してあげれらないですよね。そして気になる最後のひとつはなんですか?



蝦名さん:3つめは、一番大切な「サムネ力」です。これは、YouTubeチャンネルを運営していくうえでかなり大切なことだと思っています。どんなに頑張っておもしろい動画を作ったとしても、動画はクリックされないと再生されません。

スマートフォンの小さな画面で、YouTubeの画面をスクロールしている視聴者に見てもらうためには、0.2秒で選んでもらえるパッと目をひくサムネイルを作ることが必要です。YouTubeの動画クリエイターになって半年が経ちますが、もっともっと勉強して経験を積まないとなと感じています。


編集部:そもそも動画が再生されないと視聴さえされないですもんね…厳しい世界だ。もっと勉強しないといけないとおっしゃっていましたが、サムネ力を培うにはどうしていますか?



蝦名さん:とにかく再生されている動画のサムネイルをたくさんみるようにしています。チームでやっているのは、良いサムネイルが集約されているサイトがあるので、その中から一つ選んで、そのサムネイルの良い部分を自分でも実践できるように、まるパクリする練習をしています。


編集部:なるほど!良いサムネイルがどうやって作られているか、自分で作って体験してみるってことですね。これは良い練習方法ですね!ここまで、クリエイターとして大切なスキルを紹介していただきましたが、現場に入って大変だと感じることはなんですか?



蝦名さん:動画を作ることももちろんですが、自分が担当しているチャンネルがどうやったら伸びるかを考えるのが大変です。YouTubeマーケティングの知識は理解しても、担当しているチャンネルにはどうやって活かせるだろう、同じジャンルの動画はどんなことをしているのだろうとリサーチしながら日々探求しています。この部分に関しては、経験を通して研究をし続けないといけない部分だなと感じました!



編集部:そうですね、作ることも大切ですが、そもそもチャンネルを伸ばすという目標でチャンネルを運営されているので、成功するためにどうしたらいいか探求して効果検証していかなければなりませんね。



動画クリエイターを目指す方に先輩から一言

編集部:今日は、未経験から動画クリエイターになったストーリーをぐいぐい聞いてしまいましたが、これからクリエイターになりたいという方に向けて、先輩から一言お願いします!


蝦名さん:結構ぐいぐいきましたね!笑 
興味を持っていただいて嬉しかったです。僭越ながら私からお伝えさせていただくと、動画クリエイターは、移り変わる世の中のトレンドに触れられていて、毎日が刺激的です。

また、動画編集というスキル自体、今の時代に合っていて、仕事としても使えて、趣味としても使えるので、学んでおいて損はないなと思いました。

新しい世界に飛び込むのは少し不安なこともありますが、始めてしまうと知識と経験が増えて自分の幅を広げることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!



編集部:今日はありがとうございました!これからも動画クリエイターとして楽しくお仕事してくださいね!



まとめ

今回は、異業種から動画クリエイターに転身された蝦名かやさんにお話を伺いました。


「Megras」での学習期間でも予習復習をしていたという熱心さは、良い動画を作ろう!という探究心として表れていました。


これから、動画クリエイターを目指して、勉強を始めよう!という方も、現在「Megras」を通っている方も、目標に向かって心を燃やして取り組んでみましょう!


勉強したいけどどうしたらいいかわからない!という方は、お気軽に下記にてお問い合わせくださいね。



  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. YouTube 動画編集スクール
  4. パソコン初心者から動画クリエイターに!ネット動画専門の動画制作スクール「Megras」(メグラス)卒業生インタビュー Vol.1
セミナ情報

最新記事

イベントレポート