動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について

動画編集者に将来性はある?向いている人や活躍するための術をお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画編集者に将来性はある?向いている人や活躍するための術をお伝えします!

動画編集の仕事は、YouTubeなどの動画投稿サイトの影響もあり、需要は増加傾向にあります。


ワークスタイルを問わない職種で人気が高くなっている職種ですが、今回は、そんな動画編集を仕事にしたい!と考える方のために、動画編集の仕事内容、必要なスキルや将来性など、具体的に解説します。

 


動画編集の需要はどれくらい?

現在、動画編集の需要はどれくらいあるのでしょうか。


世界的な動画投稿サイト「YouTube」を例にとってみると2020 年以降、昨今の外出自粛に伴い利用者の数が飛躍的に増加し、日本国内だけでYouTubeの月間利用者数は6500万人以上となっています。


また視聴者の数だけでなく、YouTubeにアップロードされた動画の総時間数も、前年比で80%増加しており(2020年6月と前年同月比)、動画そのものの数も増えていることがわかります。


このことからも動画編集の需要は確実に増えており、これからも先も多くの業界で求められるスキルです。



YouTube広告市場の拡大



2020年国内動画広告の市場調査


YouTubeを頻繁に利用している方であれば気付くかと思いますが、YouTubeでは様々な大手企業がYouTube広告に参入しており、現在ではテレビCMのようにYouTubeの動画広告を流すことが主流となりました。


また、新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛により、自宅で楽しむことができる動画コンテンツの需要が増え、広告主企業も積極的に動画広告へ投資をするようになりました。


株式会社サイバーエージェントが発表した動画広告の市場動向調査では、動画広告市場は年々拡大していく見込みであるとされており、2024年には6,856億円にも到達するといいます。


このように右肩上がりの成長が見込まれる動画コンテンツは、これからさらに動画編集者の需要が上がってくることが予想されます。



動画編集者に必要なスキルとは?

これから動画編集を仕事にしたいと考えている方で、具体的にどれくらいの動画編集スキルがあれば仕事をこなしていけるのかと疑問に思う方も多いかと思います。


ここから具体的に解説していきますね。



編集スキル

一言に動画編集と言っても、映像に関するスキルには様々なものがあり、作成する動画によって必要なスキルは変わってきます。


例えばYouTuberの編集代行のような仕事の場合、すでに撮り終わった撮影素材を受け取り、編集のみを行うというケースが一般的です。

この場合は、カット編集やテロップの挿入、BGMの挿入などの基本的スキルがあれば行うことができるでしょう。


しかし、動画内にアニメーションやCGなどを用いる必要がある場合は、また別のスキルが必要になってきます。

これらは、一般的な動画編集ソフトでは作成することができないため、それらの専用ソフトと組み合わせて制作していく必要があります。



マーケティングスキル

映像制作を仕事にしている人の中には、編集のみでなく、動画の脚本や構成から行うというケースもあります。


その場合、先方が望んでいる動画の方向性やイメージを具現化させることはもちろん。その動画が視聴者に与える影響までを考慮して制作していかなければなりません。
そのために必要となってくるのが動画マーケティングです。


例えば、商品の魅力を伝える動画であれば、どうすればその商品のターゲットとなる視聴者層に動画を届けることができるかを考えた構成にしていく必要があるでしょう。


このように動画編集の仕事には様々なスタイルがあり、求められるスキルも様々です。


仕事を受ける前に、自分が動画編集をどこまで行いたいのか、どのレベルで行いたいのかを明確にしておかないと、クライアントとのすれ違いが生まれ、トラブルを引き起こす原因となるため注意が必要です。



動画編集者に向いている人

実際に動画編集を仕事にするに当たって、動画編集者に向いている人はどのようなタイプの人なのでしょうか。

特徴を解説していきます。




集中力がある人

動画編集の仕事は、長時間にわたって細かい作業を続ける必要があります。


例えば、テロップ一つとっても、喋り言葉全てにテロップを挿入していく作業は多くの時間を要しますし、文字の大きさや位置などのレイアウトも、細かい調整をしていく作業は集中力が欠かせません。


このように動画編集は、長時間コツコツと作業を続けられる人でないと、苦痛に感じて続けることが困難になってしまうでしょう。


細かい作業が得意で、集中力を切らさずに続けられるという人は、動画編集の仕事に向いています



コミュニケーションを取りながら仕事ができる人

動画編集の仕事は、コツコツと一人で作業を進めることが多いため、人とコミュニケーションを取りながら仕事をする必要はなさそうですが、実際には人との対話が必要不可欠です。


依頼された動画編集の仕事には、当然ながらクライアントの存在があります。


制作する動画は自分の思うままに作り上げるのではなく、クライアントの意向に沿って、編集を進めます。


発注段階の打ち合わせはもちろんのこと、必要に応じては、編集作業に入ってからも綿密にイメージの擦り合わせを行い、よりクライアントの希望通りの動画になるよう積極的なコミュニケーションをとる必要があります。


このことから、人との対話を大切にして仕事が出来るという人は、動画編集の仕事に向いています。



自由なワークスタイルで働きたい人

動画編集の仕事は、決まった場所で決まった時間働くというよりは、自分で仕事の時間をコントロールしながら行っていく自由なワークスタイルが特徴です。


動画編集はパソコンさえあれば行うことができるため、場所にも縛られることなく、自宅やカフェなどで行うことが可能です。


このように時間や場所に縛られることなく仕事がしたいと考える人には、動画編集はぴったりな職業です。


一方で、自分で時間をコントロールすることが苦手な人や規則的なワークスタイルを好む人にとは不向きかもしれません。



動画編集者としてスキルアップしていくためには

動画編集の技術は今では特別な技術ではなく、一般の人でもソフトやアプリを使って手軽に行うことができるようになりました。


だからこそ、仕事として動画編集をするのであれば、スキルアップをして動画編集の技術を伸ばしていくことが大切です。



とにかく数をこなす

動画編集のスキルアップのためには、とにかく多くの案件をこなしていくことが大切です。

数をこなすことで、単純に動画編集のスキルが向上するという面もありますが、過去に手がけた作品が多いほど、次の仕事にも繋がりやすくなります。


クラウドソーシングサイトなどには、簡単な初心者向けの求人でも多くあるため、実務経験を増やして編集技術を磨いていくのがおすすめです。



動画制作のスクールに通う

動画編集は独学で覚えたという人も多いですが、映像のクオリティアップや専門知識を身に付けたい場合は、動画制作のスクールに通うのがおすすめです。


映像系の専門学校もありますが、動画編集における基本的な知識やソフトの操作方法などを学べるスクールも数多くあるため、自分が習得したいスキルに合わせて選択するようにしましょう。



まとめ

株式会社Suneightでは、映像クリエイター専門の育成スクール「Megras」を運営しています。 Megrasは、最短4 日間でYouTubeにおけるマーケティング戦略や、それに付随した動画編集のスキルを学ぶことができるYouTubeマーケター養成塾です。 本格的に動画制作を仕事にしたいという方には欠かせない知識を習得することができるため、ぜひ一度ご連絡ください!
  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. 初心者向け
  4. 動画編集者に将来性はある?向いている人や活躍するための術をお伝えします!
セミナ情報

最新記事

イベントレポート