動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeマーケティングの戦略とその効果とは?

YouTubeマーケティングとは

YouTubeマーケティングとは「YouTubeを使ってビジネスの利益を生み出すため」の

マーケティング手法です。

 

月間利用者数6,500万人にも及ぶ巨大なプラットフォーム「YouTube」に

動画を投稿することで、ユーザーに自社や自社商品の魅力を伝えることができ、

商品の購入や集客に繋げることができます。

 

また、自社のブランディングにもなるため、採用活動にも繋がり

これまで出会えなかった人材と出会うことも良くあります。

 

企業としてYouTubeを始めるメリットが大きすぎます。


YouTubeマーケティングについて

とはいえYouTubeマーケティングは簡単ではありません。

 

・YouTubeを始めてみたが一向に成果が出ない

・工数が想像以上にかかってしまって続けられない

・知り合いの企業は成功しているのに自社は成功せず心が折れかけている

 

これは弊社への問い合わせで、よくお話に出る悩みたちです。

 

これらの悩みを持つ方にはある共通点があります。

それは「YouTubeの特徴」を知らないという事です。



YouTubeの特徴

YouTubeのもっとも大きな特徴は「レコメンド機能」です。

レコメンドとは日本語で「勧める、推薦する」という意味なのですが

YouTubeが自動的に色々な人に動画をオススメしてくれる機能、というわけです。


これまでの動画プラットフォームは、ユーザーが見たい動画を「検索」して視聴していました。

YouTubeはレコメンド機能の搭載により、ユーザーに適した動画をオススメする事で劇的にユーザー数を増やしていきました。これは革命でした。


みなさんはYouTubeで検索をして動画を視聴しますか?


おそらく多くの方がトップページや関連動画に出てくるYouTubeのオススメ動画を見ていると思います。

現在、検索から視聴するユーザーは10%以下になっています。


つまりYouTubeがどうしたらオススメしてくれるのか?を考えることが

YouTubeマーケティング成功への第一歩です。



YouTubeはチャンネル登録者数が大事?

「チャンネル登録者数が大事!とにかくチャンネル登録者を集めよう!」

なんて巷ではよく言われていますが、本当にそうなのでしょうか??

 

答えはNoです。

 

一番大事なことはチャンネル登録者数ではなく「再生されること」です。

 

確かにチャンネル登録者数が多いと見栄えも良いですし凄そうですよね。

ですが、チャンネル登録者数100万人越えのチャンネルでも全然再生されていないケースは沢山あります。

逆にチャンネル登録者数は1000人以下全然なのに、再生数は10万回なんてチャンネルも沢山あります。

 

みなさんの目的はYouTubeを使ってビジネスの利益を出すことですよね?

チャンネル登録者数を増やしても利益にはつながりません。

ですが、沢山動画を見てもらうことは利益につながります。

 

「〇〇までにチャンネル登録10万人!」

という目標ではなく、再生数を目標にするようにしましょう。



YouTubeマーケティング方法と成功事例

それでは実際にYouTubeマーケティングに成功した企業を紹介していきます。

クライアントの実績紹介

中小規模の学習塾が全国規模に「武田塾チャンネル

 

「授業をしない塾」で有名な武田塾さまをご紹介いたします。

 

武田塾さまは「授業は必要ない、参考書を使って自学自習ができれば偏差値は必ず上がる」

といった普通の塾とは違った理念を持つ塾なのですが、この理念がYouTubeと相性が良く、YouTubeを始めて2年で売上が7倍に、そして校舎数は3倍になりました。


武田塾さまの動画制作の流れ

1 打ち合わせを行い、何をしたいのか、誰に向けたチャンネルなのかをヒアリング

2 ヒアリングした内容を元にチャンネルの方向性を決定

3 撮影…武田塾様の場合は着席し、カメラに向かって話すスタイルです。

      1回の撮影で10本分の動画を撮影します。(5分ほどの尺×10本)

4 編集…編集で視聴者がわかりやすいように動画制作を行います。

5 YouTubeに動画を公開

6 視聴者からの反応を見つつ改善していく



どんなマーケティングを行ったか

当時の武田塾さまの課題は

一般的なマーケティング手法では予算や知名度の関係もあり、充分な成果をあげる事ができていない事でした。

そのため、競合他社が行なっていない全国的なプロモーション方法を模索していたところ

まだ取り入れていなかったYouTubeを使うことにしたのです。

 

武田塾には

・どの参考書が自分にあっているのか分からない

・どのくらいのペースでやればいいのか分からない

・この参考書が終わったら次は何をすればいいの?

 

など、自学自習をしている生徒から沢山の質問がありました。

 

そこで「受験相談SOS」という受験生の悩みを講師が解決する

お悩み相談をメインコンテンツにしました。

自宅で頑張っている生徒が困った時に動画を見て問題解決ができるようにしたのです。

 

講師も塾業界からの目線ではなく、受験生目線でのお悩み解決をする事で着実にファンが増加し、 知名度向上にも繋がりました。

 

カリスマ講師のブランディングにも成功し、保護者からも安心感を持っていただき、

問い合わせ数、入塾率が向上しました。



https://youtu.be/0SDk9u3oppY



YouTubeマーケティングのコツ

YouTubeマーケティング成功のコツはズバリ「視聴者目線」で動画を作る事です。

 

多くの企業チャンネルは自社の宣伝ばかりをしています。

ユーザーとしては広告を見ているのと変わりがありませんよね。

「広告はできるだけ見たくない!」これがユーザーの本音です。

 

ユーザーにとって有益な動画を出し続けていれば、信頼が生まれファンが増えていきます。

視聴者目線で動画を作るように心がけましょう。


ワンポイントアドバイス

ユーザーからの信頼を得るまでには必然的に時間がかかるものです。

YouTubeマーケティングは成果が出るまで1年はかかる、と思う気持ちで

コツコツと積み上げていきましょう


成功する秘訣

YouTubeマーケティングを始めたら、必ずアナリティクスを見るようにしましょう。

アナリティクスは視聴者がどの動画を見たのか、どこから見にきたのか、面白いと思ってくれたのか、などのデータが確認できます。

 

意外とアナリティクスを見ていない人が多いのですが、

アナリティクスを見ないということは

「飲食店で料理を出したのにお客さんのリアクションを見なかった」ということと同じです。

喜んでくれたのかな?美味しかったかな?

ユーザーの反応はダイレクトにデータとして出ます。

必ずアナリティクスを確認してこれからのYouTubeマーケティングに活かしましょう。



まとめ

本記事ではYouTubeマーケティングとは何か?そしておこなっていく上でのコツなどをご紹介させていただきました。

私たち、株式会社SuneightはYouTubeマーケティング運用で日本一多くの実績があります。

専任担当が適切なサポートを、売上が上がるまでさせていただきますので、

YouTubeマーケティングを実際にしているが結果がでてこない」

「これからYouTubeを始めたい」など

少しでも思っていましたら是非一度、当社にご相談ください。



  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. コンテンツマーケティング 動画マーケティング 動画広告 成功事例 YouTube
  4. YouTubeマーケティングの戦略とその効果とは?
セミナ情報

最新記事

イベントレポート