動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【YouTubeチャンネル】登録URLの生成方法

YouTubeでは、チャンネル登録画面のURLを作ることができるのをご存知でしょうか?


チャンネル登録URLを作成することで、視聴者が登録ボタンを探す手間が省け、より視聴者ファーストな状態を作ることができます。


今回はチャンネル登録URLの作り方から活用方法、注意点まで詳しく解説します。




チャンネル登録URLの作り方

具体的なチャンネル登録URLの作り方を紹介します。以下の2つの手順で作成をおこないましょう。



自身のYouTubeチャンネルのIDを確認

まずは自身のYouTubeチャンネルのIDを確認してください。IDの確認方法は以下の手順になります。



自分のYouTubeチャンネルIDの確認方法


1、ブラウザのYouTubeにアクセスして、右上のアイコンをクリック

2、チャンネルをクリックし自分のチャンネルのページにアクセス

3、開いてるページのURLの「/channel」以降の文字が自分のID



IDをひな形に入力

次にIDをコピーして以下のひな形の「チャンネルID」の部分にペーストすればチャンネル登録URLが完成します。



チャンネル登録URLの活用方法

ではチャンネル登録URLの効果的な活用方法について紹介していきます。


概要欄に記載

動画の概要欄にチャンネル登録URLを記載する方法です。概要欄に記載することで、動画を視聴している人にチャンネル登録を促すことができます。またチャンネル登録のURLを貼るだけでは効果は薄いので、チャンネルの魅力を伝えるような紹介文を添えておくとより効果を発揮します。



チャンネル登録ボタンの作成

自分の運営するブログやwebサイトにチャンネル登録のボタンを埋め込むことができます。埋め込み方法は以下の手順でおこなってください。

 

1、「YouTube公式-Subscribe Button」にアクセス

2、「チャンネル名またはID」の部分に自信のチャンネルIDを入力

3、オプションから好きな外観を設定

4、ソースコードをコピーして自分のサイトに貼り付ける



活用時のポイント


最後にチャンネル登録URLを活用するときのポイントについて紹介しておきます。



短縮URLを使用しない

チャンネル登録URLについて調べると、いろいろなサイトでURLを短縮する方法が記載されています。


しかしURLを短縮してしまうとYouTubeからの評価が落ちてしまい、おすすめ動画などに表示されにくくなってしまいます。


原因としては、短縮URLをクリックした人は一時的にYouTubeのサイトから外部サイトに移動してしまいます。


YouTubeは、視聴者をより長く滞在させるために、この手法を推奨していません。



デフォルト設定を活用する

アップロード動画のデフォルト設定に登録URLを記載することで、概要欄の文章などをあらかじめ入力しておくことができます。

作業効率がよくなるため事前に設定しておきましょう。手順は以下です。


デフォルト設定の方法


1、YouTubeのホーム画面から「YouTube Studio」を開く

2、メニューアイコンから設定をクリック

3、アップロード動画のデフォルト設定をクリック

4、説明の欄に入力したい文章とチャンネル登録URLを記載

5、保存をクリック



まとめ

チャンネル登録URLは、うまく活用することで視聴者が気軽にチャンネル登録をすることができるようになります。

 

登録URLを作ることで生まれるデメリットは特にないため、時間があるときに作成してみてはいかがでしょうか。





【関連記事】

【YouTubeチャンネル】視聴者をSNSから 誘導してくるのは効果的?


【YouTubeチャンネル登録者数】が突然減った!?原因と解決策を解説!







  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. 動画マーケティング 動画SEO(ノウハウ) SNSでの動画活用 YouTube
  4. 【YouTubeチャンネル】登録URLの生成方法
セミナ情報

最新記事

イベントレポート