動画のチカラニューロゴ.png
お問い合わせバナー.png
カテゴリ
タグ

【2022年版】TikTok、Instagramリール、YouTubeショートの違い!三大ショート動画のプラットフォームを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【2022年版】TikTok、Instagramリール、YouTubeショートの違い!三大ショート動画のプラットフォームを知ろう!

SNSマーケティングにおいて、動画を投稿する意味合いが年々強くなってきています。

特に短く縦画面で視聴できるショート動画を活用する企業も多いです。

一方でショート動画を投稿できるプラットフォームは複数あり、それぞれの特色に合わせて動画を投稿しなければいけません。

本記事ではショート動画を投稿できる3つのプラットフォームについて紹介します。


ショート動画を投稿できる3つのメディア

ショート動画を投稿できるのは主に下記の3つのメディアです。

・TikTok
・Instagramリール
・YouTubeショート

主にスマートフォンから投稿するプラットフォームで、縦型動画を視聴できます。

スマートフォンで視聴できる動画なので、移動中などにチェックするケースが多いです。

まずはショート動画の概要を紹介します。



そもそもショート動画とは

ショート動画とは、スマートフォンで視聴できる縦型の短い動画を指しています。

動画の尺に関してはプラットフォームごとに分かれていますが、1分前後で設定しているものが多いです。

ショート動画を投稿できるプラットフォームとしては、「TikTok」「Instagram」「YouTube」の3つが挙げられます。



短時間で情報が得られるショート動画が人気

ショート動画は短時間で情報が得られるため、人気が高いです。

Z世代に実施したアンケートによると、YouTube Shortを視聴した経験がある人は67.5%でした。

SNSを利用している若年層はそれだけショート動画を視聴する機会が多いため、企業としてアプローチしたいユーザーに届く確率も高いです。

また、ショート動画は自動再生する仕組みを採用しているプラットフォームが多いです。
自分でわざわざ検索して動画を探す必要がないため、手軽に様々なジャンルを動画が視聴できます。

AIの発展によって、自動で自分におすすめの動画を提供してくれるため、動画に対する満足度も高いです。



ショート動画を作成する上で押さえておきたいポイント

ショート動画を作成する上で押さえておきたいポイントは下記の通りです。

・最初の数秒でインパクトを与えること
・トレンドを取り入れること

ショート動画は流動性が高い一方で、数多くの動画が流れています。

そのため、動画が開始して数秒間で興味を引けなければすぐにスライドされて、別の動画に移行してしまいます。

そのため、最初の数分で視聴者に観てもらえるようなインパクトを残しましょう。

また、プラットフォーム内でトレンドとなっている動画は視聴される工夫がされている動画です。

マーケティング担当者の方はプラットフォーム上のトレンドを参考にして、ショート動画を投稿しましょう。



TikTok

ショート動画を有名にしたプラットフォームとして、TikTokが挙げられます。

TikTokは中国のByte Dance社が提供しているショート動画に特化したSNSです。

撮影や編集をアプリ内で完結することから、手軽にショート動画を投稿できます。

プラットフォーム内でフィルタ加工や音楽の付与などもできるため、作成できる動画のバリエーションが豊富です。

ここからはTikTokの特徴や活用事例を紹介します。


TikTokの特徴

TikTokの特徴として、様々なユーザーにアプローチできる点が挙げられます。

TikTokを起動すると、すぐにタイムラインが表示されます。

タイムラインに表示される動画は独自のアルゴリズムによって、フォローに関係なく視聴傾向や趣味に合わせたおすすめ動画を表示。

フォロワーがいないアカウントであっても、様々なユーザーに表示される仕組みです。

そのため、知名度が高くない企業アカウントでも、プラットフォーム内で投稿を発見してもらいやすいです。


TikTokの活用事例

TikTokの活用事例としては「ドミノピザ」の事例が挙げられます。

ドミノピザでは新商品が発売するタイミングでキャンペーンとして、チーズの伸びを撮影してハッシュタグをつけてつ投稿してもらう施策をリリースしました。

キャンペーンの当選者は「最高チーズ責任者」として1日だけ働き、報酬として100万円を支払う仕組みです。

ハッシュタグと企画をキャンペーンとして公開することで、UGC(Use Generated Contents)が生まれやすいため、より幅広く周知してもらうためにおすすめです。



Instagramリール

Instagramリールは2020年8月5日にリリースされたショート動画の機能です。

リールがリリースされる以前は写真を共有するSNSでしたが、動画投稿も徐々に進んできています。

もともとは写真がメインだったSNSが動画投稿を促す仕組みにしていることから、ショート動画の需要が高まっていることがわかります。



Instagramリールの特徴

Instagramのリールはプラットフォーム内における1つの機能でリールタブや発見タブで表示されることが多いです。

リールの大きな特徴としてリーチが多いことが挙げられます。

Instagramリールは検索欄の目立つ部分に表示されたり、フィード欄に積極的に表示されたりなど、リーチの増加が期待できます。

また、Instagramの通常投稿と同様にテキスト入力があるのもメリットです。

リール動画にも通常の投稿と同様にテキストを入力できます。
リール動画で興味を惹いた上でテキストで内容を紹介する使い方が有効的です。

TikTokが競合プラットフォームとしてInstagramリールが生まれたとも言われており、TikTokと同様のメリットがあると言えます。

Instagramのプラットフォーム自体がビジネス目的のアップデートを繰り返しているため、企業としてリール動画にチャレンジするにもメリットは大きいです。



Instagramリールの活用事例

Instagramリールの活用事例としては、「LOWRYS FARM」が挙げられます。

LOWRYS FARMはアパレルブランドで、フィード投稿ではアイテムの紹介を行なっています。

リールでは動画であることを活かして、ファッションアイテムの付け方やコーディネートの紹介などに効果的な活用方法を実施しているのが特徴です。



YouTubeショート

YouTubeショートはYouTubeが2020年にリリースされた機能です。

YouTubeショートは最大60秒までの縦型動画を投稿できるサービスです。

ショート動画に対しても通常の動画同様に、高評価や低評価、コメント機能がついており、ユーザーとのコミュニケーションがはかれます。

スマートフォンにおけるYouTubeアプリには現在、「ショート」と呼ばれるタブがあり、ワンタップですぐにショート動画を視聴できます。

ショート動画の画面に入ったあとはスワイプで簡単に様々な動画を視聴できるため、スムーズに様々な動画が視聴可能です。

YouTubeショートの特徴

YouTubeショートは1分以内の短い動画を投稿できるサービスです。
ショート動画を投稿できるプラットフォームとして、上記で紹介したTikTokやリールがありますが、YouTubeはユーザー層が異なります。

TikTokやInstagramは若年層のユーザーが多いですが、YouTubeのユーザー層は全年齢がいます。

そのため、若年層以外をターゲットとしている企業でもマーケティング施策に活用しやすいです。

また、企業としてYouTubeチャンネルを運用している場合は、チャンネル登録者の増加が期待できます。

チャンネル登録者が増えることで、企業としての知名度アップにつながります。

 

YouTubeショートの活用事例

YouTubeショートを活用している事例として、大手転職サイトの「マイナビ転職」が挙げられます。

マイナビ転職のYouTubeチャンネルでは、転職で役に立つ情報を発信しています。ショート動画ではノウハウだけではなく、「転職あるある」や「仕事あるある」など、共感性の高いコンテンツを投稿。

ショート動画は100万再生を超えるものもあり、自社サービスへの関心を集める良いきっかけとなっています。


まとめ

動画コンテンツを発信に活用している企業さまはショート動画の投稿も検討しましょう。

ショート動画を投稿するプラットフォームは様々な種類があり、媒体ごとの特徴を踏まえた上で発信場所を選びましょう。

また、ショート動画を投稿できるプラットフォームは他のコンテンツも投稿できます。

様々なコンテンツと組み合わせて、SNSを通した集客をはかりましょう。



YouTubeのルールがわかる!YouTube完全攻略ガイド配布中



企業YouTubeチャンネルの開設にお悩みではありませんか?

YouTube特有の仕組みとルールを知ることで、企業認知度の拡大、お問い合わせは月50件以上もの数を取ることができます。(※当社調べ)

本書では、YouTubeの仕組みとルールに関する以下の内容を解説しています。


・YouTubeの仕組み

・自社チャンネルを伸ばすルール


・Suneight運営チャンネル事例


YouTubeで自社の認知度を上げたい、お問い合わせ件数を増やしたい、自社のファンを増やしたい!
という方は、ぜひご一読ください











私たち、株式会社Suneightは年間9000本以上の動画制作を行い、YouTubeマーケティング運用で日本一多くの実績があります。

YouTubeのSEO、YouTubeのアルゴリズムについて精通した専任担当が適切なサポートをさせていただきます!   「YouTubeマーケティングで思うような結果がでない」 「YouTubeを始めたいけど伸ばし方が分からない」 このような不安や疑問が少しでもありましたら是非一度、当社にご相談ください。
  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. その他SNS情報
  4. 【2022年版】TikTok、Instagramリール、YouTubeショートの違い!三大ショート動画のプラットフォームを知ろう!

最新記事

イベントレポート