動画のチカラニューロゴ.png
お問い合わせバナー.png
カテゴリ
タグ

動画編集の将来性|未来も活躍できる動画編集者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画編集の将来性|未来も活躍できる動画編集者とは?

 

動画市場の拡大とともに需要が増え続けている動画編集の仕事。


しかし、これから動画クリエイターを目指す方にとって、業界の将来性や長く働けるかどうかなど、動画クリエイターとしての未来に不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。


今回は、2022年最新の動画市場の話題から、これからの動画クリエイターに求められるスキルなど、動画業界で活躍し続けるための術をお伝えします。




現在の動画編集の市場・状況、将来性について


YouTubeを始めとした動画プラットホームの拡大をきっかけに、急成長している動画市場ですが、2022年最新の状況はどうなっているでしょうか。

動画市場の将来性についてもお伝えします。


2022年動画市場の上場は?


画像引用:全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~


2022年現在も、動画配信サービスの需要拡大により、動画市場は拡大傾向にあります。


成長し続けていた動画配信サービスですが、新型コロナウイルスによる巣籠もり需要の拡大で2020年以降、爆発的に利用者が伸び続けています。


さらに動画サービスの多様化が進んでおり、YouTubeなどの手軽に視聴可能な無料動画サービスをはじめ、テレビ番組の見逃し配信、サブスクでの映画、ドラマなどの配信、アニメ専門チャンネルなど、ユーザーの需要に合わせた多種多様なサービスが増えてきました。


2022年も動画市場は拡大し、動画編集者の需要は依然として高いでしょう。


【2022年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!


市場が拡大していく中、動画編集者は生き残れるの?

動画市場が拡大していくことで、動画編集者の需要も高まっていますが、同時に動画編集者を目指す人も増えています。


一昔前では、動画編集はハードルが高く、個人でスキルを習得するには、難しいという印象でしたが、昨今では無料で性能の高い動画編集ソフトも普及してきているため、一般の人でも手軽に動画編集を始めやすくなっています。


いわば、動画編集そのものは特別なスキルではなくなってきいます。この先も、動画編集者として生き残っていくためには、ライバルとなる他の編集者との差別化を図るため、自分の長所を伸ばしていく必要があります。


例えば、「SEOやアナリティクスの知識を生かした動画編集ができる」「アフターエフェクトを使ってモーショングラフィックスやアニメーションを作成できる」など、プラスアルファの強みを持っていることで「◯◯ができるこの人に頼みたい!」と思ってもらえる動画クリエイターになることができるでしょう。




動画クリエイターの将来的な不安は?



動画編集の仕事をしている、またはこれから仕事にしたいと考えている人にとって、安定した収入を得られるかどうか不安になりますよね。


ここからは、動画編集の展望と、市場で求められているクリエイターについて解説します。



動画編集者が増えて飽和する可能性がある?

結論から言うと、動画編集者が増えすぎて仕事が無くなるということはおそらくないでしょう。

この先も、動画編集者が増えていくと予測できますが、それ以上に動画市場拡大の勢いが勝るため、需要が下がることは可能性が低いでしょう。


AIの発展により動画編集者の仕事が奪われるのではないかという心配もあります。

確かに、AIによる自動化は映像業界に関わらず今後発展していくことになるため、簡単な編集作業はAIで補える時代となっていくかもしれません。

実際に、音声をテキスト化してくれる自動文字起こし機能や動画内の余分なシーンを自動でカットしてくれる自動カット機能、無音検出機能では、すでに実装されています。


しかし、視聴者の感情に響くような感覚的な編集技術やセンスは、AIには再現不可能です。


これからは、視聴者をより惹きつけるためのオリジナリティ溢れるアイデアや編集の技術が求められます。


自分のスタイルを確立させ、積極的に新しいスキルを身につけていくことが大切です。



求められるスキルレベルが上がっている

動画編集の仕事が減っていく心配は少ないですが、動画編集者に求められるスキルのレベルは上がっています。


そのため、動画編集の仕事を安定的に続けていくためには、ライバルとなる他のクリエイターとの差別化が肝となります。


動画編集の基本的なスキルに加え、自分の得意分野、技術を確立させることが重要です。


自分の得意なジャンルやスタイルをクライアントにアピール出来るよう作例としてポートフォリオを作成することも有効です。


具体的に自分の強みを提示することができれば、クライアントから直接依頼される機会も多くなるでしょう。



編集スキルのアップデートが必要

動画編集者の需要は高まっていますが、自身のスキルをアップデートしないままでは、継続的に案件を受注することは難しくなってしまいます。


前述した通り、基本的な編集技術であれば誰でも簡単に習得できる時代となりました。自分の中で新しいスキルを取り入れ続けなければ、新規参入の動画編集者にどんどん仕事を取られてしまうことになるでしょう。


初心者との差別化を図るためには、動画素材をただ繋げただけというような構成から一歩進み、現在のトレンドや最新の技術を動画編集に取り入れてみましょう。


昨今では、動画のクオリティを上げる効果的なエフェクト機能や高解像度の4K動画など、動画の出来栄えをワンランクアップさせる技術が充実しています。


新しいスキルを積極的に取り入れ、自身の動画編集スキルをどんどんバージョンアップさせていきましょう。



動画制作だけでなくマーケティングの知識も必要

動画で施策の効果を出すためには、編集の技術だけでなく、マーケティングの知識も必要です。


動画市場におけるマーケティングとは、動画を活用して集客、宣伝効果、サービスの認知度向上などを目的とした戦略を行うことです。


クライアントが設定している目標を達成させるためには、どのプラットフォームで、どのターゲットに向けた動画を作成するべきなのかというマーケティング知識が必須です。


例えば、クライアントに「YouTubeで自社製品を紹介して売り上げを向上させたい」という目標があった場合、その製品のターゲット層に向けたアプローチをしていく必要があります。


このとき、YouTubeでのマーケティング知識があると、動画制作に付随して運用時のアドバイスをすることができます。


マーケティング知識があることで、動画編集者としてだけではなく、動画マーケターとしての活躍することができるでしょう。



未来を生きる動画クリエイターになるためには?

息の長い動画クリエイターとして活躍していくために、今から何ができるでしょうか?


ここからは、未来を生き抜く動画クリエイターになるために、必要なことを紹介します。



常にスキルをアップデートしていく

 

一言に動画編集者と言っても、そのスキルは人によって様々。


同じ素材から一つの動画にしたとしても、編集者が持つスキルやセンスによって出来上がった動画は大きく違うでしょう。


未来を生きる動画クリエイターになるためには、今持っているスキルを磨き、日々アップデートしていくことが大切です。


ここからは、動画編集者としてスキルアップするための方法を紹介します。


①得意分野の知識を深める

動画編集者は、ある特定の分野に精通している事や特定の技術に長けている事が大きな武器となります。


例えば、「金融関係の知識や経験がある」方は投資、ビジネス系の案件に有利に働きますし、「動画のカラーグレーディングが得意」という方は、おしゃれなPR動画を作りたい!というクライアントにアピール出来ます。


動画編集の技術以外でも、自分の得意分野の知識を増やすことは、動画編集者としての幅を広げることに繋がります。


②人気の動画をまねる

動画編集のスキルアップを図ろうにも漠然としていて何から始めればいいかわからないという方も多いかと思います。

そんな時は、人気の動画と全く同じように作れるか練習してみましょう。


再生回数が多い動画は、構成から、編集方法、トレンドなど伸びる秘訣が詰まっています。


編集方法がわからない場合は、編集スキルを紹介したハウツー動画を視聴しながら練習するとよいでしょう。


③動画編集スクールに通う

動画編集の基礎から応用、最新の技術まで効率的に学べるのが動画スクールです。

スクールのお金はかかってしまいますが、独学でスキルを磨くよりも確実にプロレベルの技を身につけることができます。

 

また、マーケティング知識など動画制作に付随する専門的な知識を勉強出来る点も動画スクールの強みです。

 

本格的に動画編集を一から学びたい、今以上にスキルアップをしたいという方は動画スクールがおすすめです。

 


リサーチ力と、トレンドを察知するアンテナの高さが必要

動画でクライアントの課題を動画で解決するためには、クライアントの目的とゴールを理解して、業界調査や、競合調査を通して、そもそも動画コンテンツとの相性が良いのかどうか、目的とズレていないかなど、深く分析する力が必要です。


さらに、投稿するプラットフォームによってトレンドは異なります。


移り変わるトレンドに合わせた動画制作ができるように、トレンドを察知するアンテナの高さが必要になるでしょう。



自身の得意を極める

アニメーションやCGの制作もできる編集者、おしゃれなプロモーションビデオの制作実績が多い編集者、特定の分野への専門知識を持っている編集者など、他の編集者と違うセールスポイントがあるクリエイターは、案件が多くなる傾向にあります。


他の編集者との差別化を図るため、自分が得意と言える分野の専門性を高めていきましょう。


他の人にはない強みを持つことで、自分自身の市場価値の向上に繋がります。


ビジネスマーケティングの理解

ビジネスマーケティングとは、商品やサービスを得るために、どのような角度からターゲット(視聴者)に訴えかければ、効果を得られるのかという仕組みづくりです。


クライアントは、自社の広報やサービスの紹介、リクルートなど、動画を活用する「目的」があります。


ビジネスマーケティングの知識があることによって、その目的を「誰に」「どこで」「どのように」伝えるべきなのかを適切に仕組み化することが出来るため、クライアントと同じ視点で動画を作ることができます。


集客や、宣伝効果のある動画を作るためには、ビジネスマーケティングの知識は必要となるでしょう。



ビジネスマーケティングと動画編集のスキルを同時に習得する時代



上述の通り、未来を生きる動画編集者になるためには、ビジネスマーケティングの知識と動画編集のスキルは必須となります。


動画編集の技術を教える学校はたくさんありますが、実際の現場で使える編集スキル、マーケティングの考え方を教えてくれる学校は多くはありません。


さらに、YouTubeマーケティングを教える学校となると、ほとんど存在しないのが実情です。


株式会社Suneightが運営する映像塾「Megras」では、動画編集の技術を学ぶことができる一般的な動画スクールとは違い、「他にはない」実践的動画マーケター養成カリキュラムを提供いたします。


YouTubeチャンネル運営において重要と考える「ビジネスマーケティング」と、動画編集の技術、YouTubeマーケティングのノウハウを、通常3ヶ月以上かかる学習時間を16コマ(最短4日)に凝縮して、実務で求められる必要なスキルと考え方を効率よく習得することができます。


動画編集者として、未来でも活躍できるスキルを習得したい!という方はお気軽にご相談ください。



無料相談会も開催中!



まとめ

動画市場の拡大によるニーズの高まりから動画編集者という仕事は将来性が期待できる職種です。

一方で、未来に生きる編集者になるためには、動画を作るだけではなく、それに付随する様々なスキルを身につけることが必要です。

自身のスキルを磨き続けること、トレンドを察知する高いアンテナを持つこと、業界分析で必要なリサーチする力をつけて、未来でも活躍できる動画編集者を目指しましょう!



※1)全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~
※2)【2022年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!


 



 

  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. 動画業界で働く
  4. 動画編集の将来性|未来も活躍できる動画編集者とは?

最新記事

イベントレポート