動画のチカラニューロゴ.png
お問い合わせバナー.png
カテゴリ
タグ

YouTubeを収益化させるには?コツを紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeを収益化させるには?コツを紹介します!


収益化のしくみと収益化の条件

YouTubeでは、運営しているチャンネルが、直近12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上、チャンネル登録者数が1,000人以上の条件を満たすと、広告の収益を得ることができます。


YouTubeで稼げる金額の目安

広告収益で稼ぐ場合、広告がどれだけ表示されるかによって収益に違いが生まれます。

YouTubeでは、動画が再生されればされるほど収益があがる仕組みになっていて、動画が再生されなければ収益を得ることはできません。

広告の単価は広告のジャンルによって差があるため一概には言えませんが、

  • ・低いものだと0.05円
  • ・平均的な単価で0.1円〜0.3円
  • ・高いもので0.7円〜1円


といった形で分けられています。

上記の数値を元に動画が1,000回再生された場合の収益を計算してみると、

  • ・0.05円で50円
  • ・0.1円〜0.3円で100〜300円
  • ・0.7〜1円で700円〜1,000円


という形で収益が得られます。

広告の単価によって収益にかなり左右されますが、まともに収益を得るためには、数万〜数十万という再生数を毎月コンスタントに稼ぐ必要があります。

ちなみに、単価が高くなる要因としては、動画の視聴者層(ターゲット層)が絞られている、動画の尺が長いことがあげられます。



収益化のコツ


戦略的にチャンネルの運営をおこなう

「YouTubeで稼げるようになりたい」「チャンネル登録者数やアクセス数を増やし、マーケティングの柱にしたい」と考えているのであれば、ターゲットの設定、ターゲットのニーズの調査、そのニーズ合わせた動画の作成を戦略的に行いましょう。


複数の動画をアップする

初めてYouTubeのチャンネル運営に取り組む場合、いくら緻密に戦略を立ててチャンネルの運営にのぞんだとしても、戦略通りにいくことは難しいでしょう。

チャンネル登録者数が思うように増えないことや、再生数が伸びないなど、収益化の条件を満たすのは難しいはずです。


成果が得られるようになるまでは、分析と改善を繰り返して、土台作りをしましょう。


データをもとに分析と改善を行う


分析と改善をおこなうための土台ができたら、YouTube Studio(ユーチューブスタジオ)を活用して動画の質を高めましょう。

YouTube Studioはチャンネル運営者向けに提供されているYouTubeチャンネルの管理ツールです。

このYouTube Studioでは、アップした動画の管理やチャンネルの管理ができるだけではなく、チャンネルや動画に関するデータを閲覧することができます。

チャンネル全体の、

  • ・視聴回数
  • ・動画の総再生時間
  • ・チャンネル登録者数


などが閲覧できるのはもちろん、

  • ・ユーチューブ内で動画が表示された回数
  • ・表示された動画がクリックされた回数
  • ・動画の平均再生時間


など細かなデータも閲覧できます。

データを参考にして動画を改善したり、次の動画制作に活かしましょう。

視聴者満足度が高い動画が作れるようになり、収益も増加していく可能性があります。


動画へのアクセス経路を把握する

視聴者が動画にアクセスする経路はYouTubeの検索からだけだと考えてしまいがちです。

視聴者が自身のチャンネルやチャンネルにアップされている動画にアクセスする経路には、

  • ・検索ブラウザ
  • ・YouTube検索
  • ・関連動画
  • ・ブラウジング機能
  • ・チャンネルページ
  • ・再生リスト


などの経路があります。

流入経路を把握して、それぞれの経路から視聴者を流入させられるしくみを作りましょう。


例えば、検索ブラウザの検索結果からの流入やYouTubeの検索からの流入を狙うのであれば、動画のタイトルや概要欄に狙うキーワードを入れる必要があります。

さらに、関連動画やブラウジング機能からの流入を狙うのであれば、サムネイル画像やタイトルで視聴者の興味をひかなくてはいけません。

初期の段階では検索からの流入を狙うのが一般的ですが、最終的にはすべての経路からの流入を最大化できる動画作りを目指しましょう。


マネタイズの方法を把握する

YouTubeで稼ぐためには収益化の条件をクリアすることが大切だと紹介してきましたが、YouTubeのマネタイズ方法は広告の掲載だけではありません。

広告収入以外にも、

  • ・スーパーチャット
  • ・メンバーシップ
  • ・企業からのPR案件
  • ・ホームページへの誘導


など、その他方法があります。

企業がビジネスでYouTubeを活用する場合であれば、「ホームページへの誘導」が代表的なマネタイズ方法になるでしょう。

YouTubeからホームページへユーザーを誘導できるようになれば、商品の販売やサービスへの加入など、収益をあげられるようになるので、顧客の流れを意識しながらチャンネル運営をしましょう。


まとめ

YouTubeのチャンネルを収益化させるには、軌道に乗るまで時間がかかります。

理想のチャンネルにするまで、壁は多いですが、視聴者を一番に考えて投稿を続けることで成果を上げることができるでしょう。

諦めずに、チャレンジし続けてくださいね。



【参考記事】

【YouTubeチャンネル】開設する時知っておくべきこと・心の準備とは?


【YouTubeの広告単価】1再生0.1円は勘違いだった!広告単価の仕組みと単価アップのコツを紹介!

  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. YouTube運用
  4. YouTubeを収益化させるには?コツを紹介します!

関連キーワード

最新記事

イベントレポート