動画のチカラニューロゴ.png
お問い合わせバナー.png
カテゴリ
タグ

YouTubeアルゴリズムを徹底解説!効率よくチャンネル運用するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeアルゴリズムを徹底解説!効率よくチャンネル運用するには?

昨今では、企業がYouTubeチャンネルを立て上げて運用する事例が数多くみられるようになりました。

しかし、なかなかチャンネルが成長せず頭を抱えている担当者さまも多いのではないでしょうか。

YouTubeは闇雲に動画を投稿していてもなかなか伸びません。YouTube上でチャンネルを成長させるためには、動画表示のアルゴリズムを知っておく必要があります。

この記事ではYouTubeアルゴリズムについて解説します。企業としてYouTubeチャンネルを運用したい方はぜひ参考にしてください。


YouTubeアルゴリズムとは?

YouTubeアルゴリズムとは、おすすめ動画や検索結果に表示する動画を決める仕組みのことです。

YouTubeには世界中からさまざまな投稿者が動画を投稿しており、私たちに適切な動画がおすすめされています。

数多くの動画を人の手で管理することは難しいため、独自のアルゴリズムによって動画を管理しています。


YouTubeアルゴリズムの目的

YouTubeアルゴリズムの目的は大きく分けて2つです。YouTubeアルゴリズムの目的は

・ユーザーに適した動画を見つけてもらう
・ユーザーに適した動画を視聴してもらう

の2つです。

ユーザーに適している動画を届けるためにアルゴリズムがさまざまなデータを活用して動画を自動表示させています。

表示させる動画の選定に関しては、アルゴリズムが設定した指標を通して判断しており、指標を理解することで自社の動画を上位表示させる可能性が高まります。


YouTubeアルゴリズムの仕組み

YouTubeではアルゴリズムによって視聴しているユーザーとの関連性が高い動画が選定されて、ユーザーのさまざまな画面で表示されます。

YouTubeはユーザーが動画を視聴している際のアクションを追跡することで、ユーザーに最適な動画を判断しています。

例えば、ユーザーが見ている動画や見ていない動画、各動画の視聴時間などが注目されている例です。

エンゲージメント重視ではないアルゴリズムを導入することで、ユーザーを楽しませるプラットフォームとなっています。


YouTubeアルゴリズムはどこに影響するの?

YouTubeのアルゴリズムは動画を自動的に評価してくれて、適切なユーザーの元に届けてくれます。そのため、アルゴリズムを理解することで、自社の動画を上位表示してくれます。

では、アルゴリズムによる影響はどのようなところに出るのでしょうか。

ここからはYouTubeアルゴリズムが影響する部分を紹介します。


ホーム画面

YouTubeのホーム画面には新着動画やおすすめ動画が表示されます。

表示される動画は過去の自分のデータや興味関心が高いとされる動画が自動で表示されます。

YouTubeのアルゴリズムが自動でユーザーにおすすめの動画を表示してくれるため、より多くの視聴者に動画を観てもらえます。


検索結果

YouTubeにおける検索結果にもYouTubeアルゴリズムの影響を受けます。検索ボックスからキーワード検索を実施することで、親和性の高い動画が表示されます。

自分が視聴した動画のデータや検索キーワードとの関連性を元に動画が表示されるため、アルゴリズムを理解した上で運用することが重要です。


関連動画

YouTubeにおける関連動画は動画の右側や下側に表示されるコンテンツです。

関連動画欄に表示される動画は、視聴者の過去の閲覧データや視聴している動画との親和性をアルゴリズムが判断して選ばれます。


急上昇

YouTubeにおける急上昇タブは話題となっているニュースや音楽、映画の予告編などが表示されます。YouTubeを利用している国によって、トレンドが異なるため、国を移動するとタブに表示される動画は変化します。

アルゴリズムが表示する動画を選ぶ際に判断する材料は、動画の再生回数の伸びの早さや動画の新しさです。

より公開されてからすぐの伸びが早い動画が急上昇に掲載される確率は高いです。


Googleの検索結果

Googleの検索結果にもYouTubeのアルゴリズムは反映されます。Googleの検索にもアルゴリズムはありますが、有益性をが高いサイトを上位表示する傾向があります。

YouTube動画においても同じことが言えるため、有益性の高い動画がGoogleの検索結果に表示されます。

Googleは大手の検索エンジンであり、表示されれば通常より多い動画流入が期待できるため、YouTubeに動画を投稿している企業さまはGoogleにおける表示も確認しましょう。


YouTube検索で重視される指標は?

YouTube上で動画を上位表示させるためには、アルゴリズムに影響している項目を把握しておく必要があります。

逆にアルゴリズムに反映される指標を理解していないと、動画があまり伸びません。現状チャンネルの動画が伸び悩んでいる場合は、下記の指標をチェックしましょう。


品質

YouTubeのアルゴリズムは動画の品質をもとに、検索に表示するかを判断します。

品質の判断軸としては、
・専門性(Expertise):特定の分野において詳しい動画か
・権威性(Authoritativeness):多くの人から認められている動画か
・信頼性(Trustworthiness):信頼できる情報を発信している動画か
のE-A-Tの項目があります。

例えば、政治のニュースを発信している動画投稿者は一次情報をもとに信頼性の高い動画を作ることで、優先的に表示される可能性が高いです。

YouTubeの動画を撮影する時点でE-A-Tを考慮した良質なコンテンツを作成する意識が重要です。


エンゲージメント

エンゲージメントとは、動画を視聴したユーザーの反応や行動を指します。エンゲージメントから動画を視聴したユーザーにどれだけ満足してもらえたかがわかります。

YouTubeのアルゴリズムもエンゲージメントを元に有益性が高い動画かを判断しているため、検索結果の上記表示を目指す上では欠かせません。

エンゲージメントとして、
・動画の再生数、視聴時間
・動画の視聴完了率
・視聴維持率
・高評価・低評価
・コメント数
・総再生時間
などのデータからアルゴリズムが判断することが多いです。

YouTubeアルゴリズムを気に入ってもらうために、特に重要な指標として視聴維持率が挙げられます。視聴維持率は40%を超えていると、良い動画として判断されているとみて良いでしょう。


関連性

YouTubeのアルゴリズムが重視する指標としては関連性も重要です。関連性はユーザーが検索したキーワードに対して、どれだけ関連性が高いかで動画を評価します。

関連性に関わる要素としては下記の通りです。

・タイトル
・タグ
・動画内容
・説明文

上記の項目がユーザーの検索意図とどれだけ一致しているかが判断基準です。

検索キーワードが「不動産」の場合、タイトルや動画の説明文、タグとして「不動産」を入れることで、アルゴリズムに認知してもらい上位表示してもらえる可能性が高まります。


YouTubeで上位表示されるために必要な対策

YouTubeのアルゴリズムで重視される指標に関しては上記の通りです。

自社の動画が伸び悩んでいる場合は、データをリサーチしてどのような評価を受けているのかをチェックする必要があります。

リサーチ結果に応じて、自社のYouTube動画のクオリティやチャンネルの運営方針を変更させなければいけません。

では、YouTube内で動画を上位表示されるためにはどのような対策を実施すれば良いのでしょうか。

ここからはYouTubeで上位表示されるために必要な対策を紹介します。


チャンネルのプロフィール

YouTubeチャンネルのプロフィール欄を充実させる必要があります。動画だけでなくプロフィールを充実させることで、自分が何者でどのような情報を発信しているのかが明確になります。

また、プロフィールに発信するコンテンツの関連キーワードを盛り込むことで、検索結果が上位に表示される可能性が高まります。

他にも、
・チャンネルを表現するバナー画像を設定する
・最初に見て欲しい動画をトップに固定する
・ターゲットごとに再生リストを作る
などの対策が可能です。

ユーザーにより興味を持ってもらえるプロフィール画面を作ることで、高評価やエンゲージメントアップにつながります。


動画のタイトル

YouTubeで上位表示されるためには、タイトルの工夫が大切です。集客として狙いたいキーワード、検索されやすいキーワードを決めましょう。

そこから、視聴者が目を引くようなタイトルの内容を考えます。

検索結果で上位表示されていても、視聴者に興味を持ってもらえなければ動画をクリックされません。どのようなタイトルが目を引くか、YouTube内でしっかりリサーチをしましょう。


動画概要欄の説明文

説明文は、検索結果や関連動画で表示されるので、こちらもしっかり対策しておきましょう。説明文では、以下の内容を入れることをおすすめします。

・狙いたいキーワード
・ハッシュタグ

説明文の内容は長すぎると読んでもらえない可能性があるので、簡潔でわかりやすい内容にしましょう。


サムネイル

サムネイルは、視聴者が動画を視聴する決め手になるので、「再生されるサムネイル」をリサーチして作りましょう。

視聴者が目を引くデザイン、メインキーワードも入れながら、思わず動画の内容が気になってしまうサムネイル作りを心がけましょう。


タグ

YouTubeで見たい動画を検索する時、タグで検索する視聴者もいるので設定しておきましょう。タグには、動画自体に設定できるタグと説明文に入れられるハッシュタグがあります。

タグの適切な活用ができると、視聴回数を増やすことができるので、ぜひ活用してみてください。

ただ、タグを使いすぎると、動画がスパムに認定されてしまうこともあるので注意が必要です。タイトルには3つタグが表示されるので、メインタグは同じ数の3つ程度にしておきましょう。


字幕・翻訳

字幕や翻訳自体文字情報なので、検索流入からの視聴者獲得につなげることができます。YouTubeのクリエイターツールから字幕や翻訳を作成しましょう。

文字起こしを自動でできる機能があるので、簡単に作ることができますよ。

字幕や翻訳があると、音がなくても動画を内容を理解できるようになるので、視聴者は場所と選ばす動画を見ることができますね。


YouTubeアナリティクスで分析・動画を改善していく

YouTubeには「YouTubeアナリティクス」という動画やチャンネルを分析できるツールがあります。

YouTubeアナリティクスを利用することで、動画の再生時間や離脱率など、チャンネルを運営する上での改善点が見えてきます。

改善点を活かして動画を作成することで、YouTube内で評価が高い動画が作成可能です。


まとめ

質の高い動画を作成しているクリエイターがいますが、YouTubeアルゴリズムを意識した動画作りをしなければなかなか視聴してもらえません。

YouTubeアルゴリズムからの評価が高い動画は視聴者に届く確率が高まり、認知拡大や自社商品・サービスのアピールにもつながります。

過去の動画を振り返り、動画の改善点を分析して、YouTubeや視聴者が本当に求めているコンテンツはなにか把握した上で、動画制作やチャンネル運用を進めることをご検討ください。



YouTubeのルールがわかる!YouTube完全攻略ガイド配布中



企業YouTubeチャンネルの開設にお悩みではありませんか?

YouTube特有の仕組みとルールを知ることで、企業認知度の拡大、お問い合わせは月50件以上もの数を取ることができます。(※当社調べ)

本書では、YouTubeの仕組みとルールに関する以下の内容を解説しています。


・YouTubeの仕組み

・自社チャンネルを伸ばすルール


・Suneight運営チャンネル事例


YouTubeで自社の認知度を上げたい、お問い合わせ件数を増やしたい、自社のファンを増やしたい!
という方は、ぜひご一読ください











私たち、株式会社Suneightは年間9000本以上の動画制作を行い、YouTubeマーケティング運用で日本一多くの実績があります。

YouTubeのSEO、YouTubeのアルゴリズムについて精通した専任担当が適切なサポートをさせていただきます!   「YouTubeマーケティングで思うような結果がでない」 「YouTubeを始めたいけど伸ばし方が分からない」 このような不安や疑問が少しでもありましたら是非一度、当社にご相談ください。
  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. YouTube運用
  4. YouTubeアルゴリズムを徹底解説!効率よくチャンネル運用するには?

最新記事

イベントレポート