動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について

【YouTube】動画広告の料金の目安やシステム、費用対効果を上げるコツを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【YouTube】動画広告の料金の目安やシステム、費用対効果を上げるコツを徹底解説!

YouTubeは今や参入者が多くなり、企業の商品やサービスを広めるにはぴったりなプラットホームです。

 

特にYouTube広告はより多くのユーザーに情報を届けられるため、広告の出稿を考える企業も少なくありません。

 

今回は、YouTubeの動画広告の出稿を検討している企業様に向けて、費用感やシステム、費用対効果をあげるためのコツを紹介いたします。




YouTube広告の料金とシステム

YouTubeにおける広告の料金は、広告フォーマットによって変動します。

基本的にどのフォーマットにおいても、広告再生に対して料金が発生するケースが多いです。

 

YouTube広告は予算設定が可能であるため、自社の予算に合わせた広告出稿が可能です。

 


YouTube広告の種類

 

YouTubeの広告の中には種類があり、ものによって掲載される場所や料金が異なります。

 

自社の商品やサービスを適切にアピールするためにも、広告フォーマットを覚えておく必要があります。

 

広告フォーマットについて知っておくことで、自社に適した出稿が可能です。

 

ここからはYouTube広告の種類について解説します。



バンパー広告


バンパー広告とは、最長6秒でスキップできない広告を指します。広告が流れるタイミングとしては動画の始まりか途中に表示されます。


課金が発生するタイミングは「広告表示回数1,000回」によるインプレッション制になります。


バンパー広告の相場は広告のジャンルによって異なるため、一概には言えません。自社の予算に合わせて、低額なものから始めることをおすすめします。


また、バンパー広告はスキップできないため、情報を確実に伝えることが可能です。動画にインパクトがあるものであれば、認知度アップが期待できます。




インストリーム広告



インストリーム広告は、動画の始まりか途中で表示される広告です。バンパー広告と似ていますが、動画広告の時間でインストリーム広告は長い時間再生することができます。


しかし、動画広告は5秒をすぎたタイミングでスキップできるため、視聴者にとっても負担にはなりません。


インストリーム広告の課金タイミングは広告が30秒以上再生されたタイミングです。また、30秒以内であってもクリックされれば費用がかかります。


広告費用の目安は2~30円とされており、コストをおさえながら広告を流したい人におすすめです。



ディスカバリー広告



ディスカバリー広告は、YouTubeの検索結果や関連動画欄、モバイル版YouTubeのトップページに表示される広告です。


サムネイルと文章が表示され、一般的な動画のように表示されます。


ディスカバリー広告に置いて課金されるタイミングはユーザーにクリックされたタイミングです。


クリックするということは広告として表示しているコンテンツに対して、ある程度興味があるので反応率が高く、商品の購入やサービスの利用につながりやすいです。


ディスカバリー広告の料金目安は3~20円ほどです。



アウトストリーム広告



アウトストリーム広告は、YouTube以外のWebサイトやアプリの広告枠に表示されるものです。


広告の表示回数が1,000回を超えた場合に料金が発生する仕組みなので、予算に合わせて設定しましょう。


YouTubeのプラットフォーム外にもリーチを拡大できるため、自社ブランドの認知アップが期待できます。



マストヘッド広告



マストヘッド広告はYouTubeトップページの最上部に表示している広告です。最大30秒の動画を流すことができ、YouTube上でも目立つ場所に広告を流せるため、訴求効果が高いです。


料金体系は

・日による固定単価

・固定インプレッション単価

で設定できるため、自社の予算に適している方を選びましょう。


マストヘッド広告は出航のやり方によっては、費用が大きくかさむリスクがあります。よく検討した上で、マストヘッド広告にするか判断しましょう。




YouTubeへの出稿のメリット

ここまでYouTube広告の種類について紹介しましたが、広告を出して顧客にアプローチをする場合、別の手段があるのも事実です。

 

YouTube広告以外にも、SNSでの広告出稿などもあり、自社のターゲットに適したプラットフォームでの広告出稿が重要です。

 

ここからは、YouTubeにおいて広告を出すメリットについて解説します。



多くのユーザーに自社の商品やサービスを知ってもらえる

動画広告は、多くのユーザーに商品やサービスの情報を届けることができます。

 

商品やサービスの開発を実施している企業の中には、認知度の向上に困っている方も多いのではないでしょうか。

 

動画広告を利用することで、自社の商品やサービスを潜在ユーザーに届けることができるため、認知度アップが期待できます。

 

認知度をYouTubeユーザーは他のプラットフォームと比較しても多いため、より多くのユーザーに情報を届けたい企業さまにおすすめです。

 


検討中のユーザーを後押しできる

 

YouTube広告は自社商品やサービスを検討しているユーザーにダイレクトに訴求できます。
そのため、広告を目にしたユーザーが商品やサービスを思い出してくれて購入や利用につながるケースも少なくありません。

 

広告費用がやすいため、低予算で自社商品やサービスの売上アップをはかることができます。

 

他のプラットフォームでの広告を出稿する場合、予算を超えたコストがかかるケースがありますが、YouTube広告では自社の予算に適したフォーマットで出稿できます。



ターゲットを指定してデータ採りができる

YouTube広告ではターゲットを細かく設定して出稿できます。

 

YouTube広告でターゲティングできるのは下記のようなものです。

 

ユーザー属性:年齢や性別、世帯収入など

詳しいユーザー属性:子供の年齢、住宅所有状況など

アフィニティカテゴリ:ユーザーの興味関心

購買意欲の高いオーディエンス:商品の価格や比較サイトを閲覧しているユーザー

ライフイベント:結婚や転職などの節目を迎えたユーザー

カスタムインテントオーディエンス:キーワード指定や関連語句をGoogleで検索したユーザー

リマーケティング:過去にYouTubeの動画広告にアクションを起こしたことのあるユーザー

地域マーケティング:指定した地域のユーザー

広告のターゲットを細かく設定できるため、自社の商品やサービスがどこまでターゲットに刺さるかなども計測できます。



YouTube広告を掲載する際に覚えておきたいポイント

YouTube広告のメリットについて解説しましたが、他にも広告を出稿する上で気をつけなければいけないポイントがあります。


ここからは、YouTube広告を掲載する際に覚えておきたいポイントを紹介します。



動画広告を活用する目的や目標を整理する

動画広告を出稿する際は目的(KGI)や目標(KPI)をしっかりと決めておきましょう。例えば、目標や目的は下記のように設定できます。


目的:商品の認知度アップ

目標:インプレッション10万


動画広告を設定することで、自社のゴール達成に近づけます。成果を出すためにも目的や目標を設定しましょう。



ターゲットを明確にする


動画広告を出稿する際は、ターゲットが考えて広告を考えましょう。

ユーザーの性別や年代、職業によって、興味や関心を寄せる内容は異なります。


例えば、老後に関するプロダクトを10代の若者に伝えても効果は薄いです。

ターゲットを明確にし、適切な動画広告を作成することでより効果的な出稿ができます。


広告を出す前にあらためてターゲットを考えて、適した出稿を検討しましょう。



最初の5秒間に伝えたいメッセージを入れる

動画広告の種類によっては、5秒でユーザーがスキップしてしまうものもあります。

そのため、スキップが可能となる5秒間で伝えたいことを伝えられるかが重要です。


そのため、広告を出す際は序盤に自社が伝えたいメッセージを盛り込んで的確にアプローチしましょう。



まとめ

今回はYouTubeにおける広告費用について解説しました。

YouTubeの広告には下記の種類があり、フォーマットによって広告費用が異なります。


・バンパー広告

・インストリーム広告

・ディスカバリー広告

・アウトストリーム広告

・マストヘッド広告


YouTube広告の費用感は自社の予算に合わせて出稿できるケースが多いです。

そのため、自社の予算と相談しながら適切なフォーマットで出稿できます。


よりコストをおさえて自社商品やサービスの認知度を上げたい場合は、YouTube広告を利用しましょう!



 

  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. 動画広告 YouTube
  4. 【YouTube】動画広告の料金の目安やシステム、費用対効果を上げるコツを徹底解説!
セミナ情報

最新記事

イベントレポート