動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について

【YouTube】VSEOってなに?VSEOの正体と対策方法を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【YouTube】VSEOってなに?VSEOの正体と対策方法を紹介します!

2018年夏からGoogleは、YouTubeなど動画コンテンツを検索結果に表示させています。

この頃から「VSEO」という言葉が広まってきました。今回は、「VSEO」について徹底解説します。
 




VSEOの正体とは

検索エンジンの最適化



VSEOは、検索結果で検索キーワードとそれに付随する動画コンテンツが表示されやすくさせるための方法です。


VSEOには2つ目的があります。


①主にYouTube内の検索結果に表示させる


②Googleの検索結果に表示させる


動画の露出を高めるために、検索結果のページの上位に表示させる方法のことです。


では、VSEO=検索エンジンの最適化を行うとどのようなメリットがあるのでしょうか?


次のテーマで解説します。


VSEOのメリット


①YouTube内の検索結果で上位表示させることができる

VSEO対策をすると、YouTube内で自身の動画を上位表示させることができます。


検索結果で上位に表示されると、視聴者の目に多く触れさせることができるので、視聴回数も増えていくことでしょう。


チャンネルを始めたばかりの方であれば、0から認知度をあげていくことになるので、動画を視聴してもらうためにVSEO対策はマストです。



②プロモーションコストを抑えられる

VSEO対策を行うと、検索結果の上位に表示されて、多くの視聴者に動画を届けることができます。


たくさんの視聴者が動画を見ることで、視聴回数を増やすことができるので、マスメディア等に露出させるコストより安くプロモーションができますよ。



③ブランド力を高められるきっかけに

VSEOは、自身のチャンネルのブランド力を高めることもできます。

VSEO対策の効果で視聴回数が多くなった動画は、YouTubeのブラウジング機能で拡散されて、同じような動画を視聴している視聴者のおすすめ動画として表示されたり、関連動画として表示されます。

視聴者には、「関連動画によく出てくるな〜」という印象をつけることができるので、覚えてもらうきっかけにもなりますよ。

YouTubeの視聴者のほとんどは関連動画やおすすめ動画から動画に辿り着きますが、視聴したい動画がなかった場合、検索エンジンから動画を探しますので、チャンネル運用をしてまもない方ほど、このチャンスを逃さないようにしっかり対策をしておきましょう!

 


VSEO対策方法5選

YouTubeのVSEOの基本的な対策方法を5つ紹介します!

タイトル

VSEO対策は、タイトルの工夫が大切です。

狙いたいキーワード、検索されやすいキーワードを決めましょう。

そこから、視聴者が目を引くようなタイトルの内容を考えます。

検索結果で上位表示されていても、視聴者に興味を持ってもらえなければ動画をクリックされません。

どのようなタイトルが目を引くか、YouTube内でしっかりリサーチをしましょう。



説明文

説明文は、検索結果や関連動画で表示されるので、こちらもしっかり対策しておきましょう。

説明文では、以下の内容を入れることをおすすめします。


・狙いたいキーワード

・ハッシュタグ


説明文の内容は長すぎると読んでもらえない可能性があるので、簡潔でわかりやすい内容にしましょう。



サムネイル

サムネイルは、視聴者が動画を視聴する決め手になるので、「再生されるサムネイル」のリサーチが肝となります。

同じようなタイトルの動画で再生回数が多いサムネイルを真似するようにしてみましょう。

視聴者が目を引くデザイン、メインキーワードも入れながら、思わず動画の内容が気になってしまうサムネイル作りを心がけましょう。



タグ

YouTubeで見たい動画を検索する時、タグで検索する視聴者もいるので設定しておきましょう。

タグには、動画自体に設定できるタグと説明文に入れられるハッシュタグがあります。

タグの適切な活用ができると、視聴回数を増やすことができるので、ぜひ活用してみてください。


ただ、タグを使いすぎると、動画がスパムに認定されてしまうこともあるので注意が必要です。

タイトルには3つタグが表示されるので、メインタグは同じ数の3つ程度にしておきましょう。



字幕・翻訳

字幕や翻訳自体文字情報なので、検索流入からの視聴者獲得につなげることができます。

YouTubeのクリエイターツールから字幕や翻訳を作成しましょう。


文字起こしを自動でできる機能があるので、簡単に作ることができますよ。


字幕や翻訳があると、音がなくても動画を内容を理解できるようになるので、視聴者は場所と選ばす動画を見ることができますね。



まとめ

YouTubeの視聴者のほとんどは関連動画やおすすめ動画から動画に辿り着きますが、視聴したい動画がなかった場合、検索エンジンから動画を探します。


チャンネル運用をしてまもない方ほど、このチャンスを逃さないようにしっかり対策をしておきましょう!





私たち、株式会社Suneightは年間9000本以上の動画制作を行い、YouTubeマーケティング運用で日本一多くの実績があります。

YouTubeのSEO、YouTubeのアルゴリズムについて精通した専任担当が適切なサポートをさせていただきます!   「YouTubeマーケティングで思うような結果がでない」 「YouTubeを始めたいけど伸ばし方が分からない」 このような不安や疑問が少しでもありましたら是非一度、当社にご相談ください。
  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. 動画SEO(ノウハウ) 初心者向け
  4. 【YouTube】VSEOってなに?VSEOの正体と対策方法を紹介します!
セミナ情報

最新記事

イベントレポート