動画でビジネスを加速させるマーケティング術

動画の力について

【TikTok】著作権に引っかからないようにするには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【TikTok】著作権に引っかからないようにするには?

TikTokは、誰でも気軽に動画を投稿する事ができ、個人だけでなく企業の利用も増えてきました。

 

動画を撮影・編集していると音源の権利について、使用して大丈夫かな?と不安になることはありませんか?

 

今回は、TikTokの楽曲使用時の著作権について皆様の疑問にお答えします!

 


TikTokの楽曲について

 TikTokでは、音楽の著作権を管理している日本音楽著作権協会(JASRAC)とパートナーシップを締結しているため、JASRAC側から公式にTikTokへ提供されている楽曲であれば、著作権に引っかかることはないでしょう。


ここから具体的に公式の楽曲の使用方法と、なぜ使用して良いのか具体的に解説していきます。


楽曲の追加方法

TikTokの楽曲は、下記写真のように好きな曲を選択して挿入することができます。 



1、動画を撮影したら、上部にある「楽曲を選ぶ」をクリック





2、「おすすめ」の「全てを表示をクリック」すると、TikTokがおすすめしている楽曲を一覧で確認、選択することができます






3、さらに、楽曲の「プレイリスト」から「すべてを表示」をクリックすると、動画のジャンルに合わせた楽曲を選択することができます



なぜ公式提供の楽曲は使用して大丈夫なの?

TikTokの公式楽曲は、自体はJASRAC(音楽の著作権を管理している団体)とパートナーシップを締結しているので、使用しても問題ありません。


また、パートナーシップを提携しているコンテンツはTikTokだけでなく、YouTubeはもちろんのこと、17LiveやInstagramも締結しています。


利用許諾契約を締結しているUGCサービスの一覧


ここで気をつけなければならないことは、TikTok公式楽曲の利用については問題ないのですが、TikTok内であればどの音楽でも利用していいというわけではないということです。


少し複雑な内容になるので、以下にて詳しく解説していきます!



使用してはいけない楽曲はどれ?

TikTokに関わらず、JASRACとパートナーシップを締結しているコンテンツ全てに関係することなのですが、使用してはいけない楽曲、著作権違反になる使用方法があるので、解説していきます。


CD音源の利用

CD音源を利用するとなると、レコード会社や放送事業者が所有している「原盤権」という著作権が関係してくるのですが、JASRACはこの権利に関しては、管理していません。

 
利用する場合は、レコード会社や放送事業者からの許諾が必要になるので、注意しましょう!



元の楽曲を編曲や替え歌の利用

楽曲を編曲したり、替え歌するときは、「編曲権」「翻案権」が発生します。


このふたつの権利に関してもJASRACは管理していません。


利用する場合は、曲の著作者や音楽出版社に問い合わせてみましょう!



JASRACの管理委託範囲外の利用

JASRACは、著作権を所持している人が指定した範囲で楽曲の管理をしているので、JASRACが管理している同じ曲でも、利用方法によっては許諾できない場合もあるので注意しましょう!


【関連記事】

TikTokとYouTubeの著作権の仕組み


YouTubeクリエイターのための音楽著作権ガイド




公式の楽曲以外を使用する場合

TikTokで提供している楽曲以外のものを使用したい!という場合はどうすればいいでしょうか。

 

前述した通り、CD音源や個人でダウンロードした楽曲をそのまま使用してしまうと著作権に違法してしまう恐れがあります。

 

そのため、TikTokの音源以外から楽曲を使用したい場合は、以下の方法があります。

 

著作権フリーの楽曲を使用する

著作権フリーの楽曲は、無料でダウンロード可能なサイトも多くあるため、動画の雰囲気に合わせた理想の楽曲を探すことが可能です。

 

ただ、著作権フリーの楽曲でも編曲が禁止されていたり、SNSでの使用上のルールがありますので、よく確認して利用しましょう。 

DOVA-SYNDROME 音源利用ライセンス



自作の楽曲を使用する

楽曲を自作できる方は、自分だけのオリジナル音源を使用することで、人と被らない動画にする事ができますよ。

この場合、0から音源を作成するのは問題ありませんが、先述の通り元の音源を編曲したり替え歌する場合は、著作権違反になってしまうので、注意しましょう!



 

著作権に違反するとどうなるの?


ここまでTikTokでの楽曲使用時の注意点を述べてきましたが、実際に著作権に違反してしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか。

TikTokを始める前に著作権違反のリスクを知って、何に注意すべきかを理解しておきましょう。

  

著作権侵害通知

著作権侵害とされるコンテンツを投稿していた場合、運営による発見、もしくは著作権を侵害されたと主張する側からの著作権侵害報告に基づき、著作権侵害通知がされます。

 

また、著作権を侵害してしまった場合、そのコンテンツに対する責任は個人で負う事になり、悪質な場合は損害賠償責任を問われる可能性があるので要注意です。



コンテンツの削除、アカウントの停止

著作権を侵害したユーザー、またはコンテンツは運営により削除される可能性があります。

 

これは、TikTokの利用規約、コミュニティガイドラインにも明記されており、複数回の著作権侵害、不正行為が確認された場合に行われる事が多いようです。

 

せっかく動画を投稿して人気が出てきたとしても、アカウントを停止されてしまえば、全てが水の泡となってしまいます。

 

TikTokを利用する際には、著作権はもちろんのこと、利用規約、ガイドラインに違反しない運営をしましょう。



まとめ

個人でTikTokを利用する際はもちろんですが、企業でTikTokアカウントを運営する際は、著作権などのトラブルにならないよう、公式が発表しているルールや規約はきちんと把握して動画を投稿しましょうね!



      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





私たち、株式会社Suneightは年間9000本以上の動画制作を行い、YouTubeマーケティング運用で日本一多くの実績があります。

YouTubeのSEO、YouTubeのアルゴリズムについて精通した専任担当が適切なサポートをさせていただきます!   「YouTubeマーケティングで思うような結果がでない」 「YouTubeを始めたいけど伸ばし方が分からない」 このような不安や疑問が少しでもありましたら是非一度、当社にご相談ください。


  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. その他SNS情報
  4. 【TikTok】著作権に引っかからないようにするには?

関連キーワード

セミナ情報

最新記事

イベントレポート