カテゴリ
タグ

YouTubeライブ配信をスマホから!登録者1,000人以下でも配信できるツール5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeライブ配信をスマホから!登録者1,000人以下でも配信できるツール5選

スマホからYouTubeライブ配信を行う場合、チャンネル登録者数が1,000人以下だと、YouTube公式アプリを使用することができません。



しかし、公式アプリ以外のツールを使用することで、誰でもライブ配信ができちゃいます。

 

今回は、初めてライブ配信をする方に向けて、おすすめのツールと各ツールの詳細を紹介私します!

 


YouTubeライブ配信の条件

スマホでYouTubeの公式アプリからライブ配信行う場合、以下の5つの条件がクリアされていなければなりません。



1.チャンネル登録者が1,000人以上いること

2.iPhoneのバージョンがiOS8以降であること

3.過去90日間でコミュニティガイドラインの違反警告を受けていないこと

4.電話番号でのアカウント経由のチャンネル確認済み



上記の他にも、ライブ配信の制限がかけられているクリエイターが、別のチャンネルを使ってYouTubeでライブ配信を行うことは禁止されています。

モバイルでライブ ストリームを作成する


本記事では、条件1をクリアしていない方でもライブ配信ができるおすすめのツールを紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


【関連記事】

【YouTube ライブ配信】登録者1,000人以下でもできる! やり方を徹底解説


【YouTube生配信に挑戦!】ライブの配信のやり方や必要な機材を紹介!




登録者1,000人以下でも配信できるツール一覧

チャンネル登録者数が1,000人いなくても利用できるツールの一覧です。

ツールを選択する際にご参考ください!



アプリ名 日本語対応 カメラ配信 ゲーム配信 画質 設定難易度 アプリ内課金 対応アプリ
VTeacher 4K 1,000円 App store

 PRISM

Live Studio
 ◯   ◯  ✖︎  1080p  並  無料 Google Play
App store
✖︎
✖︎ 
◯  
1080p 
並 
120円〜900円 
✖︎  
◯  
◯  
1080p 
並 
2,000円/月 
◯  
◯  
✖︎ 
1080p 
並 
$20/月 
ブラウザを使用 iphoneは
safariを使用 




各ツールの詳細

ここから各ツールのメリット、デメリットや各ツールと相性の良いジャンルなど、具体的に紹介します。


ご自身が検討されているジャンルと合わせてご参考ください!




VTeacher




メリット:利用できる機能が限られるが無料でも使える、画面共有ができる、高画質・音質、


デメリット:設定が少々難しい


相性の良いジャンル:ゲーム実況


itunes store評価:★★★★☆



 VTeacherは、スマホからでも画面共有ができるので、ゲーム実況の配信にぴったりツールです。さらに、ツール内でアバターを設定することができるので、顔出しをしない配信も可能です。


設定の難しさは難点ですが、サブスクリプションで利用すると、カスタマーサポートのサービスを受けられるので、わからないことがあってもすぐ解決できますよ!




PRISM Live Studio



メリット:課金なく無料で使える、BGMや、写真、動画、背景ステッカーなど入れられるので、カスタマイズしてオリジナルのライブ配信ができる、各種SNSに同時に配信ができる


デメリット:iphoneだとズームに限界がある、日本語対応していない、


相性の良いジャンル:スポーツなどの試合や、音楽イベント、ファンとのコミュニケーション


itunes store評価:★★★★☆


PRISM Live Studio は、動画内にBGMを入れたり、フィルターやエフェクト、背景など設定ができるので、自身の好きな雰囲気で配信することができます。


また、モバイル画面を視聴者と共有できるので、スマホゲームの実況配信をすることができます。


さらに、複数のSNSで同時配信が可能なので、いちいちURLを共有しなくても、PRISM Live Studioのみで完結できます。


YouTube以外のプラットフォームでの配信も検討されている方には、もってこいのツールでしょう!




Omlet Arcade



メリット:スマホから手軽にゲーム実況を配信できる、配信したいアカウントと連携すると、Omlet以外にTwichiやYouTube、Facebookなど外部のプラットフォームでも配信ができる、友人とチームを組むとグループ配信ができる



デメリット:YouTubeでの配信時に多少遅れが出る、有料でないと1080Pでの配信ができない、ゲーム音のズレ多少あり


相性の良いジャンル:ゲーム実況


itunes store評価:★★★★☆


Omlet Arcadeは、スマホのみで、フォートナイトやモンスト、荒野行、マイクラ、PUBGモバイルなどどんなゲームも簡単に実況配信ができます。


また、外部連携をすることで、前述した外部プラットフォームにも配信ができます。


チームで配信したい場合も、グループ配信でメンバー全員同じ画面で配信ができるので、視聴者にチームプレイを見せることができます。


アプリ内でのイベントや、コミュニティーもあるので新しいコミュニティーを作ったり、メンバーを増やすこともできます。

 


Streamlabs


メリット:PUPGモバイルやCall of Duty、Garena Free Fire、ポケモンGOなど、その他モバイルゲームの実況が簡単にできる、自身のオリジナルのロゴ・画像・テキストが入れられる、


デメリット:日本語対応していない、60fps以上出ない、遅延設定をしても画質が荒い


相性の良いジャンル:ゲーム実況


itunes store評価:★★★★☆


Streamlabsは、日本語対応していないので、扱いに慣れるまで少々時間がかかりますが、慣れてしまえば画面キャプチャもできる便利な配信ツールです。

こちらもOmletと同様にTwichiと連携して配信することができます。




StreamYard



メリット:ソフトのインストール不要Web上で完結、YouTube、Facebook、Twitter、Twitch、Linkedinなど他ツールに簡単に連携できる



デメリット:無料プラン定員人数の6人で配信を行うと通信が不安定になる



相性の良いジャンル:音楽ライブ、ウェビナー、オンラインイベント



StreamYardは、無料プラン6人、有料プラン10人と参加人数できる人数が少ないですが、ソフトのインストールが不要なので、簡単に使用することができます。



【関連記事】

YouTubeライブ配信で企業ウェビナーを開催する方法を紹介します!




まとめ

今回は、YouTubeチャンネル登録者数1,000人以下でもライブ配信ができるツールを5つ紹介しました。


配信を検討されているジャンルによって相性の良いツールがあるので、ご自身のスタイルに合わせて選んでみてくださいね!


それでは、ありがとうございました!



【関連記事】

【YouTubeニュース!】ライブ配信の自動字幕起こし機能が、全クリエイターが利用可能に!?


【YouTube】撮影許可が必要な場所と撮影時の注意点について

  1. HOME
  2. 動画のチカラ
  3. YouTube運用
  4. YouTubeライブ配信をスマホから!登録者1,000人以下でも配信できるツール5選

最新記事

イベントレポート